バレエシューズが左右同じなのはなぜ?

質問

とても素朴な疑問なのですがバレエシューズはどうして左右同じなのですか?

ペンネーム・もみじ様


回答メッセージ

● 自分の足にフィットする為では・・・?

バレエシューズは、左右同じというか、それから自分の足に馴染ませて左右を決めます。

なので、最終的には左右が決まります。
多分、一番最初、左右が同じなのは、自分の足にしっかり馴染ませる為に、下手に左右を決めていないんだと思います。
あくまでも、私の考えなので・・・。

解答になってなかったらすみませんm(_ _)m

ペンネーム・karin様


●左右交互に履くと長持ちします。

以前、足の癖が残らないよう、左右決めずに交互に履いたほうが良い!と、ある先生に言われたことがあり・・・

私はバレエシューズの場合、左右決めずに履いています。

あと、バレエシューズは親指側から破けていくので、左右交互に履くと長持ちするというのも良い点だと思っています。”

ペンネーム・hana23様


バレエスタッフからのコメント

トゥシューズもバレエシューズも左右がありませんよね。

どうして左右が同じなのか、考えた事がなかったのですが今回質問メールが送られて、はじめて考えてみました。

シューズをわざと左右を決めずに、交互に履かれる方もいます。
この場合、シューズの擦り切れや、破れを遅らせる効果があります。
また、足に馴染ませて、左右を決めて履かれる人もいます。

私の場合、左右を決めて履いていました。
ただ、必ずしも、こうしなければいけないという決まりはないように思います。

あと、聞いた事があるのは、昔の西洋の靴は左右がなかったそうです。
それが由来では?と聞いたことがあります。

●バレエシューズの選び方

ところで皆様、今、お履きのバレエシューズはご自分の足にピッタリ合っていますか?

バレエシューズは、トゥシューズに比べると危険性も少ないので、さほど神経を使わずに、購入されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、バレエシューズ選びは、実はとっても大切なんですよ。

まず履いた時、5本の指の全てが伸びているかを確認し、次に6番でドゥミプリエ(※)をし、指が伸びているかをチェックします。
次に1番でもドゥミプリエをします。

(※ドゥミプリエ:ひざ関節を曲げて腰を半分ぐらいまで下していく状態
ドゥミは”半分”、プリエは”折りたたむ”という意味)

指が一本でも伸びていなければ、ワンサイズ大きいものをお選び下さい。

縦の足のサイズに合わせると、横幅がぶかぶかになってしまう場合、縦のサイズを優先し、紐で微調節します。

また縦のサイズに合わせると、横幅が小さいという場合は、幅広タイプのシューズをお選び下さい。

シューズ選びは、なるべくレッスンと同じ時間帯にされることをお勧めします。

時間帯によって、足がむくんだりして、微妙にサイズが変わってくるからです。

次に、床とシューズの素材の相性ですが、シューズには、布製、サテン地、レザーの3種類があります。

木材の床に、布製やサテン地ですと滑りやすいので、レザーシューズがお勧めです。

しかし、松脂などの準備がされている場合は、どのタイプでも大丈夫です。

お教室の床が、リノリウムなら布かサテン地をお勧めします。

 
特に、合っているのかどうかも自分で判断できない小さなお子さんや、成長盛りで、足のサイズがどんどん変わるお子様をもつお母様方は、お子様のバレエシューズを時々チェックしてさし上げて下さいね。

合わないシューズで、変な癖がついたり、正しい動きが出来ない場合があるからです。

↓↓バレエ用品をお探しなら↓↓

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ