バレエを習う際に最低限必要な物は?

質問

バレエを習う際、これだけは最低限必要だという物があれば教えてください。

いろいろな種類があり、何を買ったら良いのか分かりません。


バレエスタッフからのコメント

必要なアイテムはこの3点!

バレエをいざ始めようとした時、バレエ用品は様々な種類があって何を買ったらいいのか、よく分かりませんよね。

まずバレエの初心者さんが準備するアイテムが3つあります。

それは、レオタード・タイツ・バレエシューズの3点です。


子供はこの3点ですぐにスタート

子供の場合は、この3点があれば、すぐに始められます。

始めは、軽く運動の出来るスタイルで体験レッスンする事もありますが、この3点は、出来るだけ早く、そろえてあげて欲しいアイテムです。

なぜかというと、新しい環境で緊張しているところに、周りの子供が可愛いバレエの服を着ていると、自分だけ何か雰囲気が違うと、とても不安に思うことがあるからです。

子供は、可愛いバレエの服を着るだけで、気分がアップして、やる気も出てきます!


大人は追加で、もう1点

大人の方は、お教室を見学した時に、雰囲気を見て、レオタード・バレエシューズ・タイツの3点以外に、巻きスカート・スパッツなどのアイテムをもう1点準備したら良いと思いますよ。^^

レオタードだけでレッスンしてもいいのですが、初心者の場合、慣れないレオタードを着て、お尻や腰回りが出るとちょっと恥ずかしいものです。

動きが小さくなってしまったり、バーにくっついてばかりいてはレッスンができませんからね。


アイテム1:レオタードのデザインは何でもいいの?

それでは、最低限必要な3つのアイテムの選び方について少しご紹介しますね。

まずレオタードですが、これはお教室の先生にどのような物がいいのか、一度お伺いすることをお勧めします。

なぜかと言うと、お教室によってレオタードの指定がある場合がありますし、お教室の雰囲気によってシンプルなレオタードを好む場合もあれば、まったく自由に規定のないお教室もあるからです。

特に子供の場合は、何も付いていないシンプルなレオタードからボリュームのあるチュチュスタイルまで、種類が様々です。

お教室の雰囲気にあった色と形を選ぶようにしましょう。


アイテム2:タイツは穴あき?穴なし?カラーは?

タイツには、足の裏に穴が開いているものと、穴が開いていないものがあります。

穴が開いているタイツは、トウシューズを履く場合に使用します。

(トウシューズを履いた時にタイツを脱がずに、足先のケアーをする為です。)

初心者の場合はトウシューズを履きませんので、穴なしのタイツをお勧めします。

色は薄いピンク・肌色などが一般的です。


アイテム3:バレエシューズの種類

一言にバレエシューズと言っても、素材やソールの形やデザインなど色々なタイプのシューズがあります。

素材:布製、皮製、前皮(布製で爪先部分だけ皮が貼ってある)の3タイプが一般的でよく見かけます。

ソール:シューズの底の皮が1枚で全面を覆っているフルソール、爪先部分と、かかと部分で、皮が前後2枚に分かれているスプリットソールの2種類があります。

ゴム:ゴムが1本とゴムが2本でクロスされている2種類があります。

メーカーによってサイズも少しづつ違うので、どれが良いかは実際に履いてみるのが一番です。

子供の場合、お教室の指定があったりする場合もありますので、先生に聞いてみましょう。

カラーは女性の場合、ピンク・ベージュ・白などタイツの色と合わせるのが一般的です。


詳しい内容はイーバレリーナのホームページに!

レオタード・タイツ・バレエシューズの選び方についてのもっと詳しい内容は、イーバレリーナのホームページ「イーバレリーナお買い得セット」で紹介しております。

詳しく、分かりやすく紹介してありますので、是非ご覧下さい☆

今日ご紹介した物以外にも、バレエアイテムは沢山あります。

レッスンをしながら雰囲気が分かれば、少しづつそろえていったらいいと思います。

カワイイバレエ用品を買うのも楽しみの一つです☆

↓↓バレエ用品をお探しなら↓↓

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ